電子カルテシステム

特長

  • 複雑化・多様化する現場の声に応える豊富な機能

    患者様の状況に合わせて柔軟に対応できるよう、各種管理機能を設けています。

  • 入院から退院までの看護過程を「管理・現場」の両面で支援

    患者様の経過記録や介入項目などを一元管理でき、看護業務に必要な情報を適切に管理できます。

機能

自由な画面切り替え機能
  • ドッキングタブ(1画面に複数機能を表示)、マルチモニタ(各機能ごとに画面を分離)など、柔軟な画面構成・画面配置ができ、業務効率向上を支援します。
チェック機能
  • 処方薬剤、注射薬剤などをチェックできるため、安全性の向上に寄与します。
他科紹介機能
  • 他科紹介情報のカルテ登録および他科紹介への返書作成ができます。
コミュニケーションフォルダ機能
  • 任意に作成した患者リストを、複数の職員で共有できます。チームで診療している患者をリストアップできるため、情報連携の強化に寄与します。
ADL評価区分機能
  • ADL評価区分の登録・管理ができます。
ナビゲーション機能
  • 代行入力の承認、各種医療文書の作成依頼、記事・オーダーの確認依頼、カウンターサイン、部門システムの検査結果レポートの通知など、確認事項や行わなければならない業務を一覧形式で表示し、スピーディーに情報の確認や事務作業ができます。
排他制御機能
  • 複数の職員で同一患者カルテへ同時アクセス・同時記録できるため、業務が滞りません。
カルテ情報自動復元機能
  • 停電などにより異常終了したカルテ、離席機能により強制終了したカルテなど、直前の未登録情報を次回カルテ画面起動時に復元することができます。
充実の看護支援機能
  • 現場の声を反映した看護業務支援機能、病棟状況を簡単に把握できる看護管理機能を搭載し、入院から退院までの看護過程を、管理および現場の画面で強力に支援します。

活用イメージ

  • 紙カルテに慣れてしまっているので、なかなか電子化できない

    紙カルテ2号紙をイメージした画面で、直感的に操作できます。

    紙カルテ2号紙をイメージした画面で、情報を見やすく表現しています。パソコンに不慣れな方でも直感的に操作できます。
    また、文字の書体やサイズ、配色やウィンドウの位置などを操作者の見やすいように設定できます。

  • 医師が作成する内容が多く、手間がかかっている

    診療記録をスムーズにする豊富な入力支援ツール

    記事入力、シェーマ入力、文書作成を容易にできる機能が標準搭載されています。
    豊富な入力支援ツールで診療記録の記載業務をサポートします。




  • 運用で回避しているため、業務効率化が図れていない

    定期的な機能強化で業務効率化

    定期的に機能強化することで、医療安全、経営改善、業務効率向上の実現を図ります。
    さらに、ユーザ様によって開催されるフォーラム大会、見学会・情報交換会においてお客様のご意見、ご要望、問題点を製品開発へフィードバックし、進化・改善を続けます。

選べる導入形態

導入形態はクラウド/オンプレミスから選択できます。
お客様の運用に合わせて提案しますので、詳しくはご相談ください。

クラウド オンプレミス
製品名 MegaOakSR for SaaS
tMegaOakSR for SaaS へリンク
MegaOak-MI・RA・Is/AZ
MegaOak-MI・RA・Is/AZ
へリンク
メリット
  • かんたんに運用できます。
  • 製品のバージョンアップ対応に手間がかかりません。
  • お客様がサーバを用意する必要がないため、低コストでご導入いただけます。
  • 短期間でご導入いただけます。
  • 重要な情報を、目の届く院内で管理できます。
  • 病院の個別運用にあった環境構築が可能です。
  • 自院のセキュリティポリシーに合わせて構築できます。

※各製品の導入に関する前提条件などは、担当営業までご確認ください
※本製品は医療機器ではありません
※『MEGAOAK』は日本電気株式会社の登録商標です
※『MI・RA・Is』は 株式会社シーエスアイの登録商標です

ページの先頭へ