Seagull-LC e-Through Pass個人番号カード交付予約システム

こんな問題に心当たりはありませんか?

  • 個人番号カードの交付窓口が混雑して、住民に迷惑をかけている。

  • 今すぐ、導入をしたい。

  • 大切な個人情報を、外部に管理させたくない。

特長

  • 運用に合わせた予約管理で、窓口業務を効率化

    予約の時間やコマについて、日付毎に自由に設定できるので、窓口の運用にあわせることが可能です。

  • 導入後、すぐに運用開始可能

    「Seagull-LC e-Through Pass 個人番号カード交付予約システム」では、既に交付通知書を郵送済みの住民にもリリースが可能です。

  • 安心の管理・運用で、セキュリティを保護

    LGWANファシリティに認定された当社データセンターにて運用管理しますので、安心してご利用いただけます。 また、交付に必要な情報は、予約ID(個人番号カード製造番号)とパスワード(生年月日)のみのため、住民の名前を伺わずに交付できます。

機能

住民向け予約機能 空き確認から予約入力や、ご自身による予約取消も可能です。また、個人名を入力せず登録することができます。
職員向け予約機能 空き確認から予約入力、予約取消ができます。
職員向け予約状況確認 予約状況を確認し、CSVでダウンロード(出力)できます。
空き時間帯であればそのまま住民に代わって予約も可能です。
管理者向けマスタ設定 交付対象者データのインポートをはじめ、窓口や職員等のシステムマスタを設定・管理できます。
管理者向け予約サポートシステム J-LISが発行したQRコードから、住民の予約ID(個人番号カード製造番号)とパスワード(生年月日)情報を抽出し、予約サポートシステムへアップロードできます。

全体像

Q&A

ページの先頭へ