~午睡チェック補助ツール~おひるねセンサー りりーふなっぷ

特長

  • 「もしも」の時に通知

    0歳児は5分ごと、1歳児は10分ごとの目視や触診による午睡チェックが推奨されてます。おひるねセンサー りりーふなっぷは「もしも」の時に警告音を鳴らし、保育士に異常を通知し子どもの確認を促してくれます。

  • 非接触でトラブル防止

    センサー装置は電池可動式なので場所を選ばずお手軽にご利用頂けます。また、子どもの体に触れない非接触型でベッドの下に設置するため、誤飲やかぶれなどによるトラブルも防止できます。

  • 誰でもかんたん

    センサーとタブレッド端末だけのシンプルな構成で、どなたでもかんたんにご利用いただけます。就寝のタイミングが安定していない乳児でも自動で見守りできるため、業務負担の軽減に貢献します。

  • 省スペース対応

    1台のタブレット端末でセンサー12台を管理することができます。またセンサー本体が小型であるため、少ないスペースでも収納いただく事が可能です。

  • 補助金対象製品

    りりーふなっぷは「保育園における児童の安全対策強化」の補助金で導入頂いた実績があります。補助金を利用して導入検討される場合、お気軽にご相談ください。

活用イメージ

  • 子どもには直接触れずに午睡を見守りたい

    安全な24GHzのマイクロ波・ドップラーセンサーを活用

    りりーふなっぷは、24GHzのマイクロ波・ドップラーセンサーを利用して子どもの体の表面の動き(みぞおちの動き<呼吸>と、体表を流れる静脈流<脈>の動き)を感知するセンサーです。   子どもの体に触れることが無いため、これまでと同様、寝心地をさえぎることもありません。

    子どもの体に触れることが無いため、汗によるかゆみ・かぶれや誤飲によるトラブルも心配ありません。

    安全な電波

    「おひるねセンサー」に内蔵しているドップラーセンサーは、人体にほとんど影響がないISMバンド、24GHz、出力10mW以下のマイクロ波を利用しています。
    マイクロ波は非常に弱い電波のため、医療機関などでも利用されています。

    子どもにも安心

    人間の体の多くは水分でできており、特に 子どもの体は多くの水が占めています。ドップラーセンサーが発するマイクロ波は水を透過しない性質があり、マイクロ波が体表で反射する性質を利用しているので、子どもの体に影響を及ぼしにくい設計となっています。




    本製品は、午睡時の補助ツールです。必ず保育士の方による目視や触診のブレスチェックなどの午睡チェックと並行してご利用いただき異常時の判断は保育士の方が行って下さい。
    ■乳幼児突然死症候群(SIDS)の予防や予知をおこなう製品ではありません。
    ■医療機器ではありません。
  • SIDSなど午睡時のトラブルに早く気付きたい

    1秒ごとに子どもの状態をセンシングします

    りりーふなっぷは、午睡がはじまったら、センサー本体の電源を入れて、セットするだけで、子どもを検知し見守りが自動的にスタートします。異常を検知すると(あらかじめ設定した基準値を下回った場合)警告音を鳴らし、子どもの確認を促してくれます。

  • 保育士の精神的負担を軽減したい

    保育士による午睡チェックとともにセンサーが見守っています

    いざという時に1秒でも早く気付くこと、対応できることを保育士とともに、りりーふなっぷは見守ります。りりーふなっぷは1秒ごとに子どもの状態をセンシングしています。1台のタブレットでセンサー12台を管理することが可能です。またセンサー本体は小型な為、省スペースで収納することが可能です。

ページの先頭へ