Seagull-LC公用車管理システム

こんな問題に心当たりはありませんか?

  • 手作業でスケジュール管理をしているので、バッティングが発生してしまう・・・

  • 予定の変更を台帳に書き直すのに手間がかかる・・・

  • グループウェアシステムでは予約状況の確認と予約の機能しかない・・・

  • 車両毎の利用実績や統計資料の作成に手間がかかる・・・

特長

イントラネットを利用し、クライアント端末側に特別なソフトウェアをインストールすること無く、インターネットエクスプローラーなどのブラウザ上で動作するシステムです。
車両の予約状況確認・予約の機能に加え、車両毎の利用実績や統計資料の出力など、実務に則したシステム内容で、グループウェアでは対応できなかった部分も現行業務への適応が可能となり、様々な機能で業務の効率化を実現致します。

機能

予約確認・予約

予約台帳イメージ画面から予約状況の確認や、予約入力・予約変更などが行なえること。また、管理車両は「貸出車(一般車両)」と「共有車(バス等)」を区別して管理が行えます。

車両管理

予約車両の使用時には、出・入出庫処理により時間等の利用実績を記録し、リアルタイムに使用状況を予約台帳に反映させ、効率的に車両貸出の管理が可能です。

入・出庫手続

❶出庫(出発)管理
予約車両の出発時にタッチパネルより出庫処理を行い出発時間を自動的に記録し予約台帳に利用状況をリアルタイムに反映します。

❷入庫(帰着)管理
予約車両の帰着時にタッチパネルより入庫処理を行い帰着時間を自動的に記録し予約台帳に利用状況をリアルタイムに反映します。

統計帳票

運行管理系システムで蓄積された、車両毎の稼働日数や稼働時間を月別に集計しCSVファイルで出力します。

ページの先頭へ